ROOTWEB【ルーツウェブ】はメンズブランドセレクトウェア&ビスポークオーダーショップです!アウトレットも御座います! サイトマップ お客様登録 お問い合せ
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>





マッキントッシュ


ヘルノ


エンメティー


ベルスタッフ


ジ ョンスメドレー


ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode

<< ストーンアイランドのショールカラーはこの冬必須ですヨッ | main | ヤコブコーエン 小人刺繍がカワイ >>



+++++ブログ移転いたしますので宜しくお願いいたします+++++

いつも当ブログをご覧頂き誠にありがとうござます。



当ブログは ミカ爺のボヤキブログ http://rootwebblog.jp/のサブとしてUPしておりましたがリンク先ブログに統一されます。

お手数ですがリンク先ブログをお気に入りに入れて頂ければ

これほど嬉しい事はございません。

宜しくお願いいたします。

ROOTweb ミカ爺
タリアトーレのトレンチがお買い得です 素材もイイですヨ



昨日はタリアトーレのトレンチコートも入荷しています
寒さを感じる背中には薄くキルトを施した考えられたトレンチです
この素材でこの値段はこの秋冬の中で1,2にお買い得品かと
2015083008080000.jpg

このモデルは着丈短めですのでPコートのように気軽にも着れます
色はこんなに青っぽくはありません 紺です 永く永く続く紺です


コートは素材の肉厚が大切です
決して値段で釣られないように御気を付けください

コートに不向きな素材は必ずあります

自分で仕入れて反省したコートが実はあります

当店で一押しコートブランドと言えばマッキントッシュです

ですが2年前でしたかダッフルコートを少し入れていました
これはスケベ心で入れた物です

薄い素材のダッフルでした
やはりダッフルはグローバーオールの世に安くても肉厚は必要です

薄いダッフルを軽いからイイですよ等と「ほざいては」いけませんね
その大半は結局残アウトレット行きでした、、、

ちなみに今年は再びダッフルコートも芽があります
コートに適したそえぞれの肉厚は必ずあります

ダッフルコートと言えば? 今年はFayです。。。
この肉厚が有ってこそ冬のコートですね
2015083011170001.jpg
限られた方の限られたFayのダッフルです Sのみとなりました
サイズ感は今の時代より次代のシルエットをしています



もう一度。。。タリアトーレは先程の素材で@92000
タリアトーレのこの素材は完璧な肉厚と「表情」を兼ね備えています

ウールのトレンチ 特に防寒で買うならチェスターよりも優れ物です

コーデはチルコロのようなボリュームで着ればLUXな休日気分
スメドレーのようなハイゲージで合わせればストイックな美術館?



mmッ 余談ですが
 
秋です 

美術館に足を運んで脳をリフレッシュせねば

完璧な空調と優しい光の中で静かに歩む事が出来る場は都会に他に有りません

美術館はリフレッシュに本当にお勧めですヨ




さて美術館に行った気分になって?今日も一日たおやかにお過ごしください

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
留守にする前に慾張りカキコです

デニムのスーツの次ですがコチラは「次の一つ」です

特別企画スーツ 予約残9名分ございます
2015083010330000.jpg
私は際物を作りましたが基本はシングル3ピースがお勧めです

ジャケットの腰ポケットはアウトポケット パンツはスリムなテーパード
コレをきほんとして特別企画 これで@99000 タリアトーレ並み値段?

この冬は「グレー」も大切な色ですので ならば 皆様が忘れたヘリンボーン
複雑な素材はいずれ廃れ真面目な素材へ落ち着くのかもしれません

洋服の歴史が始まった時代から続く素材でありながら廃れないヘリンボーン
100年近い洋服の歴史のなかでヘリンボーン程愛された素材は有りません

仕入れた物を眺めて気がつけば事の他英国の要素が多いこのシーズンです
それは時代が確信を求めているからかもしれません

カオスは常に時の純粋へと収斂していくのが摂理です
素材の世界もその様に動き始めているように思います

あれだけ沢山の方にお買い上げいただいたストールさえ死滅しました
必ず変わるのが人の気持ちです

ストールをぐるぐる巻くのは飽きましたが何か欲しいのです
そんな時にはコレ この気分です



やっと出て来ましたチラリンですが出まわるまで3年掛りました

チラリンを作って3年目 お持ちでない方は出まわる前こそオシャレです


シャツの中に入れるだけ ニットの中に入れるだけ ただただそれだけ
「巻き方」を考えない無造作が本当のオシャレかと思います

チラリンは60センチ前後の正方形のスカーフです
コレをお勧めして4シーズン目です

タールも感度の良い方にとってはこの秋冬はピークアウトとなります
ショールカラーとクルーネックとジャケットタイプ

それなり合う首回りはストールからチラリン(正式名称ではありません)です
昔はグッチやセリーヌでこの大きさは良く出まわっていたものです

最近見かけませんが明後日あたり時間があればミラノ市内で調査してきます




では昼ごはんも終わりましたので半日仕事で行ってきます

| 商品紹介 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://outletrootweb.jugem.jp/trackback/2728
トラックバック